KABA-BAG

kababag.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 16日

紅茶がバブル

c0185674_18190176.jpg
このティーポットを2度壊していて。
このステンレスのカバーが良いんだけど(内側はフェルト)中のポットを割ってしまうともうどうにもならなくて。
中身だけ買い替えられたり、もっと安く同じ様なタイプのは無いか?と探すんだけど見つからず。
保温出来るポットがないと、ティーバックで良いや、になっちゃうんだよね。
紅茶はバブリーに頂きたいのよ(オホホ!)で数年ぶりにまた探すと
c0185674_18212538.jpg
ありました!
紅茶屋さんのオリジナルかと思ってたんだけど、オランダの会社のOEMだったんだ?!
(少なくとも5年前はこの情報は得られなかった)
もうこの丸いのはヤメて普通の?タイプのを。
c0185674_18191714.jpg
ああ、どうやってもオシャレティータイムには撮れない。
写り込んでる同じような大きさのポットはイッタラの。
カバー無しのと保温力を比べようと思って。シミッタレてる?(笑)
c0185674_18194401.jpg
学生時代、フリーのデザイナーの人の所でアルバイトをしてた時、
紅茶を扱う商社の仕事があって、ソコの事務所に席を作って貰ってました。
冊子やPOP作ったりのバイト中は好きなだけ紅茶飲んで良し!だったんですよ。
給湯室の棚から◯万円/gの新茶とか希少な中国茶とかから今日はどれにしようかしら?と
勝手に淹れて。「初夏の風のような香り〜〜」とか書かいてたし(笑)
全く差は判らなかったけどね〜、なんたって缶の「午後の紅茶」全盛だったし。
ただこのポットで入れて、初めて「ちゃんと淹れた紅茶って美味しい〜!」と思ったのよ。

クリスマス用だったか?のギフトセットを作る、って仕事があって。
茶葉とか砂糖とか茶器とかお店の商品を山ほど並べて、
3千円、5千円、1万円のセットを作ってたんですよ。
そしたら「何やってんの?!こういうのは高い程売れるのよ?!」って。
「探して来て!」って現金握らされて「英国ピクニック風」の籠を買って来て、
5万、10万....ってセットを作りましたよ。
実際、高いのから売れて補充した記憶もあります。
私自身は平均的な時給しか貰ってませんでしたけど.....その様子が見れた事がバブルだったな。


by kaba-bag | 2017-02-16 18:27 | Comments(0)


<< 春じゃん?      Happy? >>